読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺に毛をくれ。髪の毛復活(予定)ブログ

(予定)は髪の毛生えたら取る予定。フィナステリドはプロペシア,フィンカー,フィンペシア,プロスカーいろいろあるけど名前はフィンカーが好き。34歳にしてようやく本気で育毛、発毛に取り組む決意を固めた男の記録。

  はじめに ハゲの髪型 ハゲる原因 ハゲ治療記録 ランキング



情報商材の効果俺の場合

「○○日で生えた!脱ハゲの秘密」とか
「たったこれだけでフサフサに!ある3つの方法!」とか
うさん臭そうな電子書籍を高額で販売している人っているじゃない?
俺、そういうの昔買ってしまったことがあってだね・・・

f:id:logsearch:20150513150302j:plain

情報商材とは

情報商材という響きに聞き覚えない人もいるかもしれない。
情報商材というのはその名の通りある特定の情報が記載された本のことで、多く販売されている物には「お金を稼ぐ方法」とか「痩せる方法」等がある。

インターネットを見ていたらこういう情報商材が販売されているサイトに意図せずたどり着いたことは無いだろうか。

くすぐるセールストークで読み手が欲しくなるように書かれている。実に巧妙に。


俺、つられて買ってしまったんだよ。。。


「誰も知らない方法」


とか書かれているとね。。。。ついね。。。。


俺が買った情報商材のタイトルは伏せるが、それを試した結果は言うまでもない。


買ったのは失敗だった。


もし、そういうのを見つけても手を出さない方がいいと言っておく。断言する。

情報商材は買うな。

 

俺の買った情報商材に書かれていたこと

超簡単に要約すると
・シャンプーは石鹸シャンプーを使うこと
ある薬品をゲットする方法
・ハゲるメカニズム
・生活習慣の改善

上記は俺の記憶に残っている情報だ。
他にも記載されていたことはあるだろう。

ただ、俺が覚えているのはこんなところだ。

 

「ある薬品」って気にならない?


俺はこの情報が欲しくて金払ったんだ。
病院に行ってあることを言って、その薬を処方してもらうんだって。

俺はその通り言ってみたんだ。病院に行って。
そしたら、お医者さんはこう言うんだ。

医「シャンプー替えてみたらいいんじゃない?」

俺「そ、そうですかっ。。。」

 

すごすご退散ってわけよ。

結局処方してもらえなかったんだよね。あんなに勇気を出したのにぃ!


で、結局あきらめたってわけだ。

 

ある薬=「○○○。○○」

ある薬って言ってもいいのかな。わかんないけどもう時効だよね。


ある薬とは「アロビックス


これだ。
アロビックスについてはまた書くとして(結局使ってみた)、
これだけの情報に1万円以上払ったというのがとても割に合わない。

今では調べればある程度の情報は無料で手に入る。
確実に数年前よりかは手に入りやすい。


俺が情報商材を購入した時にはミノキシジルについても詳しく書かれたサイトは少なかった。だが、今ではどうだろうかミノキシジルという言葉もかなり浸透したのではないだろうか。現状、ハゲ治療にはフィナステリドとミノキシジルが最強だと言えよう。今は使用せずともそこまでわかってしまうのだ。

情報商材にお金を払うメリットは時間と手間を省けることぐらいしか思いつかない。
多分、2015年時点でのハゲ治療情報商材の主流は「薬品不使用系」だと思う。

もし、フィナステリドやミノキシジルを使いたくない、もしくは使えない人が時間と手間を省くために情報商材を購入するならいいんではないかと思う。

俺はお金ないし、かなり調べ上げたから情報商材から得るものは少ないと思っている。

あくまで俺の場合だが、情報商材を使用して髪が生えたという実感は得られなかった。
もしかしたら、効いているのかもしれないが実感は無い。

俺がその情報商材から得た情報で今でも続けているのが「石鹸シャンプー」だ。
正直、良いのか悪いのか全く分からないが、頭皮には悪くないと思って使い続けている。
シャンプーで髪が生えてくることはほとんどないと思うのだが、髪に悪いことはあまりしたくないからね(たばこ吸っておいて何言ってんだかという話だが)。


買う買わないは個人の自由だからとやかく言えないが、
とにかく、俺の情報商材を買った結果はこんな感じだった。